フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

  • ブログ村参加中・ひと押ししていただけると嬉しいです♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
  • にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
  • にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

「テツ」なバースデーケーキ

先日、誕生日を迎えたちい旅。
本人には内緒で、こっそりこんなケーキを注文。

100630

好きなイラストを持ち込むと、それをチョコレートプレートに
描いてケーキに飾ってくれるというケーキ屋さんがあり、
ちい旅の好きな「阪急でんしゃえほん」に登場する
なみちゃん(7300系)で注文。
実は昨年は、ろみおくん(引退した6300系)を考えていたけれど、
昨年の誕生日は泊まりがけで鴨シー(鴨川シーワールド)へ
出かけたのでケーキ買わなかったのよね。
ライン書きに相当苦労されたようで…。
後にも先にもこんなの持ち込むの我が家だけだろーなー(^^;
(サンリオのしんかんせんくらいはあるかもしれないけど)

1006302

ちなみに母の私は、数年前「一生に一度だけ作ってみたい!」と
こんなケーキを注文しておりまして(^^;;
また前々回のちい旅の誕生日には、某私鉄の某キャラクター2人の
イラストケーキをお願いしており…。
おかげでケーキ屋さんの販売スタッフからは、あまり足を運ばないにも
関わらず「鉄道好きの母娘」としてすっかり覚えられている模様…。

ただ、ちい旅も今は他に好きな(非鉄)キャラクターが増えているので、
来年は鉄ネタからは卒業の可能性が大きいかも。

モテモテペンギン@八景島シーパラダイス

1006291

八景島シーパラダイスのケープペンギンのペア。
よく見ると、左の子は背中が曲がってる…?
撮影後、ウォーキングツアーに参加した時にスタッフが教えてくれたのですが、
孵化時に体が卵の殻にくっついた?状態になってしまっていたからだとか。
でも本人はいたって元気だそうで。
これが人間ならいじめや差別にあってしまいがちなところ、この子はオスたちの
間ではかなりモテているそう。
で、ついた名前が「フジコちゃん」(笑・元ネタわかりますよね?)

1006292

↑は前回訪問時(2009年1月)のもの。
後方右側にいるのがフジコちゃん。
この画像の他にもたくさん写っていたのに、全然気がつかなかった~。
これからも元気で、そしてモテまくってください(笑)

ハマのケープ&マゼラン@八景島シーパラダイス

「たんじょうびは、はっけいじまにいきたいの!」というちい旅の
リクエストで、先週末1年5カ月ぶりに横浜・八景島シーパラダイスへ。
早朝出発、片道約2時間半(帰りは約3時間)・乗り換え2回(帰りは3回)、
島内滞在約7時間というハードスケジュールも…

1006281

この子たちに会えて触れあえたから、全然(でもないけど)平気!
↑の画像撮影後、ウォーキングツアーでケープさんのお宅にも
お邪魔できたし。

1006282

ツアー前に行われた、ペンギンふれあいタイムにて。
左がイケダさん(♂10歳)、右がマーくん(♀12歳くらい?)の
ラブラブケープペア。

1006283

海の動物たちのショーに出ていた、ジョニー?くん。
ただ歩くだけでも、やっぱり可愛い。

1006284

アクアミュージアムのペンギンエリアにいたマゼランさん。
ひっついてるところ見るとつがいかなあ?
マゼランさんは、屋外にいる方が似合うんだけどな~。

前回は初めて+真冬+ちい旅が今より小さかったとあって、
要領よく回れなかった事もあって結構大変だったんだけれど、
今回は2回目、天気も午後から雨は降ってきたけど暑くはなかったし、
ちい旅も「疲れた・歩きたくない・周遊バス以外の乗り物に乗りたいと
絶対言わない」と約束をさせた上での来園だったので、とことんペンギンと
海獣・魚尽くしでしかも結構効率よく回れて大満足♪

ちなみに、私たちが回ったのはこんな感じ。
八景島駅から徒歩でアクアミュージアムへ開園直後にチケット購入
ふれあいラグーン入場ガイドツアー予約オタリア朝食タイム(予定外)
イルカとふれあい(予定外)ヒレアシビーチ訪問・一周、ドチザメタッチetc.
ペンギンふれあいタイムウォーキングガイドツアー(ちい旅&私)
ドルフィンガイド・シロイルカ(ちい旅&夫)ふれあいラグーン出発
昼食(屋外ベンチで事前に購入したおにぎりで簡単に)ドルフィン・
ファンタジーアクアミュージアム海の動物たちのショー
レクチャータイム(解説つきでアシカのショーの訓練を見物・期間限定)
アクアミュージアム(2巡目^^;)周遊バスで八景島駅へ

'10GW帰省旅(ちい旅と乗るサンライズ瀬戸)

1006251

GW帰省旅の最終記事を書くの忘れてた~(^^;
というわけで、実家からの帰りの乗った寝台特急サンライズ瀬戸のお話を。
下り(東京→高松)は夫婦だけの時にノビノビ座席で1度、一昨年の秋に
ちい旅も一緒にB寝台シングルツインで1度乗車しているけれども、
上り列車は今回が初めて。そして…

1006253

A寝台シングルデラックスも初めて~♪
(なのに出発後ちい旅を入れて撮った画像しか残ってない…)
一昨年、B寝台での添い寝がきつかったもので。
8室しかないしGW中だしで切符を確保できるかどうか心配だったけれど、
最寄駅の駅員さんが頑張ってマルス叩いてくれたらしく無時確保。
ちなみに夫はB寝台シングルで1人寝。出発後に部屋に遊びに来て、
設備の違いに「……」。
児島駅出発後ちい旅が眠ってしまったため、残念ながら岡山駅での
サンライズ出雲との併結作業は見られなかったけれど、坂出出発後に
ライトアップされた瀬戸大橋を見ることができたし、熟睡とはいかずとも
一昨年のシングルツイン利用時よりは眠れたので、いい旅だったな。

1006252

サンライズ瀬戸って高松駅発ホームも東京駅着ホームも9番なのね。
次々と寝台特急が消えて行く中、自分の実家方面へ向かう寝台特急が
残っている事をありがたく感じるとともに、これからもずっと走っていてと
願うばかり。

trainFor Mother&Kidstoilet

もうすぐ夏休み、子連れでサンライズに乗車される方もいると思うので、
ちい旅と2度乗った経験からアドバイスを。
(以前書いていた鉄道ブログにUPした物を加筆修正しました)

sign03乳幼児連れは『個室』で!(重要)
このご時世、旅費を少しでも節約したい気持ちはわかりますが、
プライバシーが保てないノビノビ座席の利用は避けましょう。
また個室の場合も、騒ぐと隣や階下に聞こえる場合があります。
なかなか寝ない、早々と起きだしてしまった時の退屈対策も
考えておきましょう。

bag荷物の持ち込みは少なめに
特にB寝台個室は荷物置き場が限られています。
極端な話寝る場所足を下ろす場所がなくなることも。
滞在先へは宅配便で荷物を送っておいた方が楽ですよ。

sleepy添い寝するならA寝台・シングルデラックスがおすすめ
子どもと親の体格にもよるでしょうが、3歳過ぎるとB寝台での添い寝は
きついかもしれません。
(シングルDXでも、寝像の悪いちい旅との添い寝は結構しんどい…)

danger1~2人用B寝台・シングルツインを子連れで利用する時は、
上段ベッドや階段からの転落に要注意!

前回利用した際、ちい旅は何度か階段と下段ベッドから足を滑らせました(汗
上段は簡易ベッドなので、添い寝は絶対下段で。
他の個室利用時も通路や2階室への階段も狭いので、通行には十分注意を。
狭い通路を走らせるなんてもってのほか!

toilet就寝前の子どものトイレは駅で
サンライズ瀬戸のトイレは洋式(一部トイレにはベビーキープや
ベビーシートもあり)ですが、走行中は揺れるので使いづらい子も
いるかと思います。
寝る前の1回は、落ち着いてできるよう駅のトイレで済ませることを
お勧めします。
下り乗車なら、東京駅グランスタの授乳室の中に小児用の便座がある
明るくてきれいなトイレもあります。

riceballcafe非常食・飲み物の準備を
サンライズ瀬戸・出雲とも車内販売がありません。
車内は空気が乾燥しるので、乗車前には水・お茶の購入を忘れずに。
前回乗車時は先行列車のトラブルから到着が1時間以上遅れるなど、
時々到着時刻の遅れが起こっているようです。
お腹を空かせやすい子どものためにも、念のため食料品も用意して
乗車した方が無難です。

t-shirt子どもには就寝用パジャマの用意を
個室には大人用の浴衣がありますが、子ども用はありません。
荷物になるけれど、就寝用にパジャマを用意してあげましょう。
おねしょが心配なら、夜用オムツもはかせておくといいかも。
(前回利用時はちい旅にも念のためはかせました)
あと、スリッパも大人用しかありません。トイレにすぐ行けるよう、
脱ぎ履きしやすい靴をはかせた方がいいと思います。

kissmarkお母さんはお肌の保湿対策をお忘れなく
先にも書きましたが、車内は乾燥します。
就寝前のお肌のお手入れと、エアコンの調整を忘れずに。

ごはんの時間だよ~!@上野動物園

1006241

先日の記事で「オトナのペンギンはそれどころじゃない」と書いた理由…
後方にあるドア付近に集まり、そわそわと落ち着かない様子。

1006242

実は食事時間だったんです~。
ドアの中で飼育員のお姉さんが自分たちの食事の準備をしていて
出てくることをちゃんとわかってるんですね。
ちなみに東園にいたペンギン達が西園に引越ししてきて以来、
公式には解説つき食事時間は中止扱いになっているので、
この日は見られて本当にラッキーだった♪
西園での餌やり自体、初めて見たし。
東園ではケープさんたちの餌の魚はプールに投げ入れていたけど、
ここ西園では慣れた子たちはハンドフィーディングなんですね。

1006243

お腹も空いていたんでしょうが、この時期換羽を迎えるにあたって
食いだめもしておかなければという子も多かったでしょうから、
(換羽中は基本的に絶食)
餌をもらおうとする勢いがとにかく凄い。
手前のフリッパーバンドがピンク+緑ののど黒ちゃん、足が滑って
今にも転落しそう(笑)

1006244 

その後無事餌げっと。
「のど黒」と勝手に呼んだのは、首(のど)の部分に大きめの黒い模様があるから。
周りにいる子と比べると小柄だから、メスかなあと勝手に判断。
でも一般的に「メスの方が小柄」と言われるケープペンギンも個体差があるので、
そうとも言い切れないし…マゼランちゃんもだけど、性別がわかればいいのに!

ぐびっと一杯…

ぐびっと一杯…

できません(笑)
なぜならこれはビール『ゼリー』だから。
お気に入りのケーキ屋さんで毎年夏限定で販売。
本当にそっくりでしょ?

昨夜夕食後に夫と二人でいっただきまーす♪
我が家は原則月・火が禁酒、暑い時期はそれが少々
辛いだけにちょっと慰めになった!?

すいすいケープヒナ@上野動物園

100622

今月11日、西園プールで泳いでいたケープペンギン幼鳥さん。
この時プールにいたのって、なぜか幼鳥さんばっかりだったような。
大人は泳ぎどころじゃなかったんですよね~実は。
その理由はまた後日。

ペンギンの子は水から出た後、ちゃんと自分で身づくろいするけれど、
ヒトの子はそうもいかず…。
(今日はちい旅の園のプールのお手伝いだった)

本日の昼食

本日の昼食

『だし茶漬け えん』の冷汁セット。

今日はいろいろ用事があり、ちい旅を送ったあと大宮へお出かけ。
迎えの時間までに戻らなくてはならないので、短い滞在時間を
いかに効率よく、そして多くの場所へ行くかが問題で。
なるべく時間を削りたいのが昼食時間。
これまでスタバとかドンク・アンデルセンのイートインを利用したけれど、
後でお腹が空いてきちゃうんですよね…。
かといってファーストフードや牛丼チェーンは脂っこいし。

えんは以前から目をつけてはいたんだけれど、今回初めて入店。
ご飯は大中小選べて、小鉢2皿と香の物(というより甘酢漬け)がついて
680円は安かったしお腹も適度に満足したし。
ただ、店内は熱いお茶漬けを食べる人向けに冷房ガンガンだったので、
外が暑かったからと冷たい冷汁をセレクトしなくてもよかったかなとも。

今度から和食系のお昼が食べたいときはここにしよっと。

体内鉄分濃度下降中…

最近鉄道ネタがご無沙汰だけど…。

平日のちい旅の送迎の時、踏切待ち中に通過列車を見たりとか、
水族館などへのお出かけ時に乗ったり、都内で普段見られない列車を
見られたりはしているのだけれど。
1カ月前には秩父鉄道のわくわくフェスタに行ったりはしたけれど、
それ以後のイベント参加や、臨時列車をチェックしてそれを撮りに…とかは
できていないですねえ。
ご近所で撮影しようにも、ちい旅と同じ園に通う親子の視線が気になりそうで(^^;
(ブログとごく親しい間柄の人以外には鉄分持ちを公表していないの)
もっぱらBSやCSで放送されている鉄道番組を見て、鉄分補給中。

比較的手軽に出かけられそうだったのは、毎年恒例秩父鉄道パレオエクスプレスの
『Rainy Season』ヘッドマーク掲出&パレオくん・パレナちゃんお出ましなんだけれど、
今年は掲出日の都合が悪いうえ、パレオくんとパレナちゃんはいずれか1人(匹?)が
交代で登場とのことで、予定調整してまで行くのもなあ…と。
おまけに初日の明日は雨予報で、パレオくん達欠席の可能性大だし。

1006181

画像は'08年のRainy Seasonのヘッドマーク。
大人の男性には不評かもしれないけれど、女性&子ども好みでキュート。


1006182

そういえば'08年のRainy~初日は、5月のわくわくフェスタでデビューした、
パレナちゃんの熊谷駅ホーム初出動だったっけ。
あれから2年、今ではパレオくん同様子どもたちの人気者。
(ちなみにちい旅はパレナちゃんの方が好きらしい)
諸事情あるんでしょうが、2匹揃っていないとちょっと寂しいよね。

(追記)
SL列車車内のてるてる坊主、わくわくフェスタで集まったものではなく、
スタッフの方の手作りだと、あるブログで書かれていました。
よって勘違い箇所は削除させていただきましたm(--)m

太地のシャチ・ナミちゃん、名古屋港水族館へ…

シャチ:くじら博物館の「ナミ」、きょう名古屋港水族館へ移送

◇体調回復、学術研究に寄与

 太地町立くじらの博物館は15日、飼育中のシャチ「ナミ」(雌)を、譲渡先の
名古屋港水族館(名古屋市港区)へ17日に移送する、と発表した。海上輸送する。
 ナミは85年10月に太地町沖で捕獲され、翌年3月から飼育していた。
体長5・6メートル、体重2・7トンで推定年齢26歳。今年3月、繁殖・学術研究のため、
施設整備が進んでいる名古屋港水族館へ5億円で売却することが決まった。
博物館は「4月下旬から5月上旬に移送の予定だったが、体調を崩したため回復を
待っていた」と話した。
移送作業は午前6時から始まり、館のいけすからクレーンで吊り上げ、
台船に載せ勝浦漁港に運び、貨物船に積み替えて名古屋港へ移送する予定。
(2010年6月17日付 毎日新聞サイトより)


旧ブログで昨年秋に、太地のナミちゃんの名古屋港水族館行きは反対!という
ブログを書いたのだけれど、その後専門家や一般の人達の反対や繁殖研究を
疑問視する声があったにも関わらず、3月に売却が決定してしまった。
そして神経質かつ年齢も高いゆえに、移送の方法や時期については慎重にと
いう意見もあったにも関わらず、今日みたいな暑い日に移送実行。
ナミちゃんの体調<<<<<水族館の都合(夏休みの集客効果期待)としか
考えられない…。
移送が始まってしまった以上、無事に名古屋に着く事を祈るしかないのだけれど。


100617

画像は以前名古屋港水族館にいたシャチのクーちゃん。
('08年2月撮影)
私たち親子が名古屋港水族館へ訪れた後、病死してしまった。
県外から1度訪れたきりの私たちと違って、名古屋港水族館によく足を運ぶという
人たちが、新しいシャチに来て欲しいと願う気持ちはわからないではないけど…。
ちい旅が生まれてから、動物園・水族館をめぐってペンギンや海獣類を
見るのを楽しみにしている私自身、園館での飼育を全否定はしないけど…。
自然の入江で長年のんびり暮らして来て、日本で2番目の飼育記録を保持中、
そして決して若くはないナミちゃんを、クーが亡くなって寂しくなったからと
都会の人工的な環境に連れてくる事、その費用・5億が自分たちの税金から
払われた事について、少なくとも地元の人にはもう少し真剣に考えるべきでは
なかったかと。

今頃は船の上にいるナミちゃん。暑い日なので船内プールの水温上昇が心配。
体調を崩すことなく無事名古屋へ到着、水族館でも元気で暮らしてほしい。
名古屋の皆さん、公開が始まったら観覧マナーをきちんと守って(子どもにも
守らせて)貴重なシャチを大事に見守ってあげてくださいね!
 

ミストシャワーのむこうに@上野動物園

100616

仲良く寄り添うケープペンギン。夫婦かな?
奥の子は今換羽中みたい。
他にも換羽中の子がいて、地面に抜けた羽がいっぱい落ちてる。
飼育員さん、しばらくは掃除が大変ですね。

上野をはじめ、国内では毎年あちこちの園館で雛が誕生していて
繁殖が盛んなケープさんも、野生の仲間たちの方は絶滅の危機が
かなり迫っているみたい。
先日NHKで放送された『ダーウィンが来た!』で、街中で子育てする
野生のケープペンギンのお話が取り上げられていたけれども、
タンカー座礁による原油流出の被害に遭う度に数を減らしているようで、
10年前に比べると生息数は半減しているとか。

飼育されている子たちは原油事故の被害とは無縁だけれども、
上野は東園にいた子たちが西園に引越ししてきたために、
住まいが手狭になっているよう。
巣穴が足りていないように見えるので、台風などの悪天候時や
繁殖への影響が心配。

コドモ3種@上野動物園

1006151

ゴリラの子ども…というよりまだ赤ちゃん・コモモ。
入園した時、ちょうど公開時間だったのでラッキー♪
親はお疲れ気味?

1006152

プレーリードッグの子ども。

1006153

ケープペンギンのコドモ(幼鳥)
顔つきがだいぶ大人っぽいから、昨年生まれた子かなあ?
同じ幼鳥でもほんとに赤ちゃん時代のふわふわの幼綿羽がある頃や
それが抜けて間もない頃は、まだあどけない顔つきしているし。

あの子たちは今…?@蓼科アミューズメント水族館

先週のエプソン品川や上野の画像がいろいろあるんだけれど、
ペンギン関連で気になる事を見つけたので、昔の画像を…。

1006142

夏休みの計画をあれこれ考えていて、そういえば初めてちい旅と
山梨・長野方面に家族旅に出かけた時に立ち寄ったなあ~と
思いだしたのが長野にある蓼科アミューズメント水族館。
ここではフンボルトペンギンが飼育されていて、思えばちい旅にとって
一番最初のペンギンとの対面、そして私にとってペンギン訪問の
本格的な開始のきっかけとなった施設でもあるのだけれど。
久しぶりにサイトを見てみようと思って探したら…ない。
検索結果をたどっていくと、なんと今年春に経営会社が破たんしてしまい、
閉鎖後の水族館に飼育動物が残されて、移動先も未定のままでいるとのこと。

009

010_2

(上の画像は全て'06年9月撮影)
20数羽のフンボルトペンギンたち、血統管理の関係で譲渡するにしても
行き先がかなり限定されてしまうとか。
誰も来なくなった施設で、寂しく暮らしているかと思うとせつないな…。
野生では絶滅のおそれにさらされている種だけに、手厚い飼育が望める
引越し先が見つかればいいのだけれど。
うちの帰省先にある県の某水族館、ペンギン飼育していないし
引き取ってくれないかしらね~。確か亡くなったトドの飼育プールが
空いたまんまだし~。…そう簡単にいく話じゃないのよね、きっと。

大哺乳類展+α

大哺乳類展

ちい旅を連れて行こうと思いつつ、気がついたらもうすぐ終わりじゃないのーっ!
という事で、園が午前中で終わった今日国立科学博物館へ。

しかし、すぐそばには上野動物園。
しかも大哺乳類展の入場券半券提示で2割引という特典をきっぱり諦められる
強い意思は、今の私にはありませ〜ん!
…と開き直って、愛しいペンギン達に会いに寄り道(^_^;

100611

東園にいたペンギン達が西園に引っ越して初めての訪問。
画像左の方、前傾姿勢になっていてピンクと黄色のバンドをしている子が
お気に入りの「マゼランちゃん」。元気そうでよかった♪

'10GW帰省旅(ことでんレトロ車両2日目)

レトロ車両の特別列車運行2日目、市内へ買い物に出かけるついでに
家族みんなで見物に。

1006101

この日増結された23号車って、後で調べたら普段のレトロ車両
運行日には連結されていないんだそうで。見られて幸運だった!?

10061021006103

近代化産業遺産認定ヘッドマーク。
500号、300号、120号の車両それぞれの前後に装着。
現役で走っていた頃は古いし暑いし(冷房ナシ)と文句言われていた
車両たちも価値が認められた!?

1006104

車両の周囲に誰もいない状態で撮れるこの余裕。
1両だけ茶色の300号、後で調べたら開業当時から走っている車両で
3月に当時の車両色に塗り替えられたとか。
大昔はこういう色だったのね。私はクリーム×朱色の時代が一番印象に
残っているけれど。

1006105

500号の運転席。
この時は最後尾なので座席は畳まれてる。
間仕切りも運転席の真後ろ以外はオープンで
のどかというか何というか…。

この列車が琴平へ出発するのを見送って、私たちも上り列車で出発。
ところがタイミング良く、帰りもレトロ車両に遭遇。
停車中にまたまた撮影開始。

1006106

1006107

認定証とプレート、写真や解説が貼られた車内。
車内がガラガラだけど、これは一足先に車両切り離し作業が行われる
仏生山(ぶっしょうざん)駅に向かおうと、大勢のファンが先発の列車に
乗り換えたから。

1006108

最後尾車両の運転席脇に置かれた、行き先表示板。
各車両に乗務員がいるとはいえ、盗難されないか心配になったり。

レトロ車両は月1度運行しているようなので、讃岐うどん巡りと
組み合わせての乗車はいかが?
ただ、暑い時期はあまりお勧めできないけど(^^;
(以上全て'10年5月撮影) 

'10GW帰省旅(ことでんレトロ車両1日目)

旧ブログから読んでくださっている皆様はもうご存じでしょうが、
私の実家は香川県を走る高松琴平電気鉄道(通称ことでん)の沿線。
各地の鉄道会社からお古の車両がやって来るので、第二の人生を送る
車両たちを見に来るファンもいるほど。
もっとも最近はイベント用以外の古い車両が引退・廃車となってしまったので、
以前に比べてホームでカメラを構える姿を見ることは減った気もするな~。

1006091

実家滞在中、幸運にもレトロ車両を使った列車の運行がありまして。
初日はちい旅が昼寝をしている間に、こっそり抜け出して撮影へ。
もっともその前に買い物に行って思ったより時間がかかってしまい、
余裕を持って撮れなかったのがちょっと心残り。

↑の写真を撮ったあと、ダッシュで別の場所へ。
片方の肩にカメラ、もう片方の腕にスーパーの袋を提げて走る
「オバ鉄」はかなり怪しかったかも(苦笑)

1006092

手前が田んぼの時期なら、もうちょっと車体の色が映えたかもね~。
この日は3両編成だったので、何とかモニター内に収まって。
周囲を見ても他に撮影していたのは1人だけだったみたい。
列車もそこそこ乗車はしていたようだったけど、立ってる人はいなかったような。
首都圏やそこから近い場所でのイベント列車運行日のように車内や沿線が
ゴタゴタしていないのがいいのよね~。
(以上'10年5月撮影)

trainFor Mother&Kidstoilet
・ことでんやJR四国、首都圏や京阪神の鉄道駅に比べるとバリアフリーが
整っていません。お出かけ前に下記のサイトでトイレやエレベーター等の
情報を確認される事をお勧めします。
『四国運輸局・さぬき路鉄道駅のバリアフリー手帖』
http://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/barrierfree/
・ことでん、JR四国とも列車乗降口の段差が駅によってかなり異なります。
駅と列車によっては けっこう高い段差になることも。
乗り降りの際は足元に十分お気をつけくださいね。
・授乳やおむつ交換が必要なお子さんをお連れの皆様、ベビーシート付きの
駅トイレがかなり少ないです。先に書いたサイトで確認を。
授乳室はことでん琴平線の場合、片原町駅から少し歩きますが三越高松店、
瓦町駅直結の天満屋高松店にベビー休憩室があります。
・今回の記事に登場したレトロ車両は、運転席に仕切り壁がないので
乗車される場合はお子さんが入り込まないように注意して!
運転日はことでんのサイトで確認を。
『高松琴平電気鉄道(ことでん)』
http://www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/

アンクちゃん@エプソン品川アクアスタジアム

100608

ちい旅の日曜参観の代休だった昨日、エプソン品川アクアスタジアムへ。

訪れるたびに滞在時間が延びて行くエプソン品川、今回はOPENと同時に入って
出てきたのが4時間後…。
でも全ての最低一つのイベント参加して、2つのショーを見て、生き物の
食事タイム解説つき)を見ようとしたら2時間じゃすまないと思うんですけど。
ペンギン他海の仲間LOVEな人間と、そうでない人間の差でしょうね…。

画像はバンドウイルカのアンクちゃん。
口を開けたその先には…?詳細はまた後日。

今日の小便小僧

今日の小便小僧
W杯間近ですな~。
(でもサッカーはほとんど興味ナシ)

以下自宅より追記。
都内に出る際ほとんど必ず通過する尾久駅。
カシオペアが不在ということもあったけれども、
構内がずいぶん寂しくなったなあと。
ちょうど出発する際、これから車内外を清掃するらしい
寝台特急・北斗星の客車がディーゼル機関車に引かれて
目の前を走行していった。
珍しげな顔つきで見ていたちい旅に
「これからきれいにしてもらって、つぎのおしごとまで
『でんしゃのおうち』でおやすみするんだよ~」と
話してあげたけれど…いつの日かこの場所から
全ての寝台列車が消えてしまう日が来るんだろうか?と
思うとせつなくなる。

'10GW帰省旅(神戸花鳥園・フクロウ編)

1006041

ペンギン大好きな私ですが、その次に好きなのがフクロウたち。
ちい旅もフクロウは結構好きで、特に↑のシロフクロウは目を閉じると
笑っているように見えるので「にっこりふくろうさん~」とお気に入り。

1006042

カラフトフクロウ。顔のつくりがユニーク。
ちい旅は「おかおぐるぐるふくろうさん」と呼んでいる。

1006043 

(たぶん)アフリカワシミミズクの「めのう」
なんで個体名まで覚えているかというと、名札があったほか
名前を知ったちい旅が呼びかけると、その旅「アァ」とお返事する
お利口なコだったから。
その後私が止めるまで何度も呼びかけては返事させていたちい旅…。
しつこくて疲れたよね、ごめんね「めのう」。

1006044

フクロウの飛行ショー。
この子はベンガルワシミミズクの「モリ」だったかな?
撮影へたっぴな私の腕では、これが精いっぱい(^^;

1006045

「もうえさやりしないから~」という必死!?のおねだりに折れ、
飛行ショー後にミミズクの腕乗せ (¥500)
いざ乗せると顔が少しひきつってたちい旅。
もっとも約束は1時間もしないうちにきれいさっぱり忘れたらしく、
中庭池の水鳥たちに餌をやりたいとゴネられた(--#)

1006046

午後になると、ほとんどのフクロウさん達はお昼寝モード。
この子は敵が近付くと細くなっちゃう、姉妹園の掛川花鳥園にいる
「ポポ」と同じ種類のフクロウさん。

こんなに気持ちよくお昼寝してるのに、長屋門の展示ゾーンでは
「おきろー」と大声出しながらガラスを叩いてる●カ男児とそれを
止めない親が…後ろから引っ叩いたろかと(怒)
ペンギン池でもまったりくつろぐケープペンギンに向かって、
「ペンギンさん、こっち来なさいよ」と手を伸ばしているおばーちゃんと
その孫がいたけれど、まぁ水に落ちるか噛まれて痛い思いして
思い知ればいいわ…と。
こういう一部のマナー悪い客の相手もしなきゃいけないから、
大変ですよねえ、花鳥園の鳥さんたち。
叫んでる

'10GW帰省旅(神戸花鳥園・水鳥編)

1006031

花鳥園に来るとどうしてもペンギンの撮影・見物を優先させちゃうんだけど、
ペンギン達のお向かいの池にいるカモをはじめとする水鳥たちもなかなか
可愛いんですよねえ。
↑は好き勝手な方向に泳いでいるけど、時々スタッフが池に餌を投げ込むと…

1006032

水鳥わらわら。押し合いへし合い状態に。
ちなみに池の前で餌を販売しているので、これを買ってカモたちに
あげる事もできるんですよ。
私は手のひらに乗せて直接食べてもらうのが好き。パクパクされている
感触が面白くて。
ちい旅はこのパクパクが少々怖いらしく、もっぱら池へ投げる派。

1006033

中には池撒き用の餌箱を直接突っついてる不届きモノも(笑)

1006034

この子たちは囲いの中にいたコールダックたち。
前回来た時もそうだったけど、必ず周囲で「アフラックだ~」という
声が聞こえる(笑)

'10GW帰省旅(神戸花鳥園ペンギン編)

1006021

神戸2日目、昨年9月の帰省時に続いて神戸花鳥園へ。
実は今回の旅の計画を練っていた際、ちい旅からは
「かちょうえん、まえにいったでしょ!」と再訪問を拒否され、
スマスイ(須磨海浜水族園)に行くつもりでいたんですねえ。
ちい旅が「やっぱりかちょうえんいく!」と言い出したのは…

1006022

神戸花鳥園のブログに登場した、この子のおかげ(^^)
今年生まれた、ケープペンギンの子・りょうちゃん。
この日は運良く、カモのご飯売り場でスタッフの方と過ごしていて
間近で見ることができて感激。
だいぶ抜けてはいたけれど、フワフワモコモコ~♪
お腹が空いたとピーピー鳴いたり、スタッフの足の間にもぐりこんだり、
何をやっても可愛い~。
この時は「ちょっと風邪気味で、お腹の調子が悪い」というお話だったけど、
あれから元気に大きくなってるのかなあ…?

1006023

朝一番で入園したので、その気になれば昨年9月に体験した
「ペンギン膝のせで記念撮影」のチケットも買えたのだけれど、
自分で膝に乗せたい、でも年齢制限に引っ掛かるちい旅、
(小学生以上。親が膝に乗せて横で立っている分にはOK)
「できないならやらないっ」とふてくされ今回はパス。
その代わりに餌やりと…

1006024

14時からのペンギンふれあいはしっかり体験。
これをやるために滞在時間をギリギリまで引き延ばし、
終了後速攻で花鳥園出発、可能な限り速足で電車を
乗り継ぎ慌ただしく実家へ向かうハメに。
急ぎ過ぎた結果、花鳥園内で応募する予定だった
キャンペーン用紙を提出してくるの忘れた~っ!(涙)

1006025

「また遊びにおいで~!う~ん、かいかいかいっ」

'10GW帰省旅(神戸三宮で『おとまれ』)

一昨年あたりから恒例になりつつある、「帰省途中で『おとまれ』(宿泊)」。
飛行機なら一気に、JRだって寄り道さえしなければ1日がかりには
ならない所要時間で実家まで行けるのだけれど。
ちい旅も成長して少しなら自分の荷物も持てるようになったし、
せっかく遠出するなら&時間が許すなら途中で寄り道して特に鉄道・
ペンギン関連の場所に寄りたいし~。
ってことで、今回は神戸で1泊。

1006012

今回の『おとまれ』は神戸三宮ユニオンホテル。
夫婦だけの時に1泊、一昨年はちい旅連れで1泊して3度目の宿泊。
特に子連れに優しいとかサービスが多いとかいうわけでもなく、
駅からやや離れているものの(徒歩10分)その分静かに過ごせるし、
お値段もリーズナブル。
一昨年利用時からは、朝は三宮駅までワゴン車で送ってもらえる
サービスも利用できるようになったし。
コンビニが数軒とファミレスが近所にあるので最低限の飲食には
困らない。
洗面所・バスタブが広いので、ちい旅と入浴しやすいのが嬉しい。

1006013

一昨年ちい旅とセミダブルルームに宿泊した際、既にベッドが狭いと
感じたので、今回はダブルかデラックスシングルルームに泊まりたいと
思ったら、スタンダードプランに設定がない!
料金よりベッドの広さを優先させて、今回はルームプラネタリウム付きの
プランで宿泊。
部屋を暗くして投影した星空にちい旅大喜びしたのはよかったんだけど…。
部屋が真っ暗でないと星が映らないので、彼女が寝付くまで親の私は
灯りをつけて閉め切ったバスルームでしばらく過ごすハメに(^^;

1006014

最上階の部屋だったので、夜景がびゅーてぃふぉー♪
上手く撮影できなかったけれど、山側へ視線を移すと神戸市章や錨、
船、KOBE2010のロゴも。

1006011

ちい旅と二人旅で頭を悩ませるのが食事、特に夕食。
前回宿泊時は近所のファミレスで済ませたけれど、少しはリッチな気分や
神戸らしさも味わいたくて。
ホテルに向かう前、わざわざ地下鉄で足を運んだのが新神戸駅前の
「ANAクラウンプラザホテル神戸」内のビュッフェレストラン『ザ・テラス』。
料理は種類も豊富でホテルならでは!というメニューも多くて美味しく、
5歳以下の幼児は無料、こういうサービスがあるので当然子連れで
利用しやすいというのが嬉しかった・・・ですが。
客席と料理テーブルが離れていて、さらに壁があって見通しが利かず、
いちいちちい旅同伴で料理を取りに行かなければならなかったのが
面倒だったな~。
子ども用カトラリーもデザイン重視で使いにくかったみたい。
窓際の席でなかったので、夜景もあまり見られず。
ちなみに食後、再び地下鉄と徒歩で宿泊ホテルに向かう予定だったのが、
親子とも疲れてしまってタクシーを使ってしまい想定外の出費(^^;
タクシー乗車初体験だったちい旅は大喜び。ま、たまにはいっか!

1006015

朝はホテルの朝食ビュッフェという選択もあったけれど、前回あまり
食べることができなかったのでパス。
前日三宮駅近くの国際会館内にある『ビゴの店』で買ったパン数種と、
コンビニで買った野菜ジュースなどで、部屋で簡単に済ませることに。
部屋内に椅子が一つしかないので、親子で交代に…。

食事と身支度を済ませてチェックアウトし、ワゴン車で三宮駅前に
送ってもらったんだけれど、部屋に忘れ物をした事が実家到着後発覚。
ホテルに連絡したらすぐ宅急便で発送手続きをしてくれて、実家滞在中に
無事受け取り。GW中にお手数かけてすみませんでした~。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »