フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

  • ブログ村参加中・ひと押ししていただけると嬉しいです♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
  • にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
  • にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

タイヨウ君の真の姿@東武動物公園

1101261

東武動物公園唯一のジェンツーペンギン、タイヨウ君。
私が行く時はのんびり昼寝していたり、毛づくろいしていたり、泳いだり。
そしてすました顔してたたずんでいたりしているけど。
昨年飼育体験でペンギン舎に入った時には、体験者からも大人しく
餌もらってたけれど。

でも私はペンギントークの時に見ちゃいましたよ…キミの本性を。

1101262

ねーちゃん、はよ餌よこさんかい!

1101263

早くよこさんと、もっとつっつくで~!

執拗に飼育員のおねーさんを突いたりかんだり。
もう一人の飼育員さんが解説中とあって、声をおさえつつ
「痛っ」という声が何度も聞こえておりましたよ。

以前、「オウサマペンギン達にいじめられたりしませんか?」という
来園者の質問に「逆に向かっていってますよ~」と飼育員さんが
答えていたのを見かけたことがあるけど。
そんな強気な姿が容易に目に浮かぶ光景でしたよ(笑)

(以上'10年12月撮影)

ナミちゃんの死で考えたこと

以前このブログでも書いて以来気にかけていた、太地から名古屋港水族館へ
移されたシャチのナミちゃん。
先週末、亡くなってしまいました。
ナミちゃんが展示中止になった時から、時間があればTwitterやmixiで情報を
追っていましたが、こんな結末になるとは。

既に昨年秋に鴨川シーワールドからオスのビンゴ、メスのステラがレンタルで
名古屋港水族館に来る事が発表されているせいか、名古屋側では早くも
次のシャチの来館に期待している声も見聞きしましたが。
ナミちゃんの死、そしてその前にいたクーちゃんの死、いったいどういう捉え方を
したら「すぐに次のシャチ」を期待する気持になるんだろうと疑問に感じている。

シャチをはじめ海獣類、他の動物について動物園や水族館で飼育すること、
私は全面否定するつもりはないし、する資格もないけれど。
今回のナミちゃんの死に関しては、名古屋港水族館のナミちゃんに対する
対応を疑わずにはいられないでいる。
施設(プール)や、毎日直接関わったスタッフに対してではない。
体調不良だったのに『客が増加する冬休みに』公開トレーニングを再開させた。
体調不良がずっと続いていたのに、死の直前まで完全に展示中止にさせなかった。
それらを強行させる権力のある人間や組織に対してだ。
(シャチだけでなく昨年ここで出産、その後死亡したベルーガの親子についても
デリケートな時期に完全公開制限しなかったという事実もあったし。
同じくベルーガを飼育、妊娠・出産があった島根のアクアスが、出産前後には
完全観覧制限を設けたのと比べると、上の人間の理解の違いを感じさせられた。)
素人目にもこの点はどう考えてもおかしいと思うんだけれど。

シャチをレンタルする予定の鴨川シーワールドも、何頭もシャチを亡くしてきた
過去がある。
その時の経験や努力を重ねて水族館飼育下3世も含めた大家族があるからと、
名古屋港にも同じチャンスを与えないのかという意見も見た。
これに関しては「もう時代が違う」。
なぜならシャチの捕獲は昔に比べてとても厳しくなっているそうだから。
ナミちゃんが名古屋に行く事になったのも、海外や日本近海での新たな捕獲が
許可されなかったからという事情もあるようだし。
もはや国内の他の施設で飼育しているシャチをレンタルか購入するしか道はなく、
ステラとビンゴが名古屋港へ行くことになったのも、大家族ゆえにプールが手狭に
なっている、そして新設するにも経済的に余裕が無いという鴨川シーワールドの
事情もあってのことらしいけれど。
でも、もはや国内施設で1か所、7頭しか残されていない貴重なシャチなのだから、
そして寂しがりやでストレスもためやすく、家族との絆を人間と同等いやそれ以上に
大事にしているというデリケートな動物なのだから、そして比較的短期間に2頭も
亡くなっているのだから、人間の勝手を優先させてる場合じゃないでしょう。
少なくともナミちゃんの死因…移送、移送後の住環境と死亡の因果関係をはっきり
させないと、そして新たに迎えるつもりなら移送後の展示開始時期や展示中止する
基準を厳しく決めておかないと、ナミちゃん・クーちゃんと同じ道をたどりかねない。
なんか名古屋側って何事も急ぎ過ぎるような感じなんですよね。

なんだかまとまりのない文章になってしまったけれど。
(初回投稿後、少し書き直したけれども)
できれば私は鴨川とのブリーディングローンの話は白紙に戻してほしいし、
(あれはナミが存命というのが前提なので、死んだ以上成立しないと思う)
レンタルを諦めないにしても、せめてナミちゃんの死因がはっきりするまで、
移送は延期してほしいし。
これはシャチや名古屋港水族館(の来館者)に限ったことじゃないけれど、人気の
生き物が死んだから早く次をとせっつくのはやめてほしいなと。

そして最後に、一度も実際に会う事のなかったナミちゃん。
あなたの名古屋への移送や死は、私にTwitterでの多くの人と出会い、意見を
交わすきっかけを与え、そして動物園や水族館、そこで暮らす動物たちの事を
改めて考えさせてくれたね。
そして当たり前の事だったのかもしれないけれど、「動物にも意志があって、
人の望むように(繁殖成功)なるとは限らない」という事を、自らの死をもって
教えてくれた。
きれいごとにしか思われなくても一言言わせてください。「ありがとう」と。

仲良くお昼寝中?@東武動物公園

110114

昼下がりのペンギン舎、ペアになっているフンボルトペンギンは
あちこちで仲良く寄り添ってお昼寝。
ガラス柵のすぐそばの岩で休むこのペアも、声をかけられようが
ガラス叩かれようが、写真撮られようがお構いなし。

さて、埼玉県内にはこの春もう1か所ペンギン飼育施設が増えることに。
東松山にあるこども自然動物公園に、ペンギンヒルズがオープンするんだけど、
そこでもフンボルトペンギンが飼育されると聞いて、最初は「他の温帯ペンギン
(マゼランとかケープとか)がいいのに…」と思っていた私。
ところが、ペンギンヒルズにやって来るのが、経営難で破たんして閉鎖された
長野県の蓼科アミューズメント水族館の子たちだったと知ってビックリ。
行き場がなくて困ってた子たちを迎えるというなら、喜ばしい話ですしね。

君が来る季節

1101101

先週金曜日に鉄博行きを決めたのは、団体臨時列車『ゲレンデ蔵王』の
回送を帰りに見たかったから。
昨年より駅に回送される時間が1時間遅くなっていて、鉄博で歩きまわった
ちい旅が動けなくなりそうで心配だったけれど、何とか持ってホッ。
それにしても毎年停車するホーム・線路が違うのは困りもの。
今年も違うホームでスタンバイしていて、慌てて階段駆け昇り&降り。

1101102

生まれて初めて乗った寝台特急の車両ということで特に思い入れのある
寝台列車・583系。
毎年変わらない姿ではあるけれど、近い将来姿を消してしまうかもしれない。
だから毎年1度は会いに行っちゃうんだよね。

1101103

最初は係員のカーテン閉め忘れ…?と思っていたけれど、車両の事情が
事情だけに、最近はファンサービス?と思い始めた室内公開(笑)
今夜はどんな人がここで夜を過ごすんだろう?

1101104

ヘッドライトが点灯し、もうすぐ操車場に向けて出発。
…という時に「おかーさん、といれいきたい」とおっしゃるちい旅。
哀愁漂うフォーンの音は、駅のトイレの中で聞くハメに(涙)
この冬も元気に走ってね~。

先月だったか鉄道ファン?で特集組まれていたせいか、またいつもより
回送時間が遅かったのと、学校は午前中で終わりだったこともあったのか、
撮影者、特に小学生~高校生の子たちが多かったですねえ。
私と同様、列車が運行する深夜早朝は会いに来るの難しいものね。

冬休みも終盤

1101072

そして御料車の特別企画展もそろそろ終わりになる…ということで、
ちい旅連れで鉄博へ。

1101071

ちい旅の幼稚園が始まってから一人で来るという手もあったけれど、
先延ばしにして行けなくなっちゃうかもしれないし。
でも、やっぱり子連れでは御料車の展示はじっくり見られなかったな~。
ちい旅も少しは展示品に興味を示していたのと、静かに見てくれたのは
救いだったけれど。
今回はあんまり写真も撮らなかったな。特別企画展は撮影禁止だし、
じっくりカメラ構える暇もあまりなかったしで。

1101073

ところで、鉄博のヒストリーゾーンにいる天敵の「くろいひと」(黒マネキン)が
大嫌いで、しばらく鉄博に来ようとしなかったちい旅。
今回は「すこしへいきになるかもしれないから」とついてきた。
↑みたいな集団には最初腰がひけていたけど、「わたし、へいきかも~」と
段々近づけるようになり、鉄博を出る頃には「わたし、もうだいじょうぶ~」
少しは成長したってことかな。

1101074

でも今回、館内の「くろいひと」が半分くらいいなくなってたんだよね。
この場所にいて二人でしゃべってた姉妹の黒マネキンも姿が無い。
メンテナンスのために一時的にいなくなっているのか、それとも
ちい旅みたいに怖がって泣く子の親からクレームでも入ったのか…。
真相は今のところ不明。

1101075

滞在中、窓から見慣れない車両目撃。
帰りに大宮車両センターのはずれで、たくさんの職員に囲まれていたのが
駅ホームの端から見えたこの車両。帰宅して調べたら成田エクスプレスを
リニューアルして春にデビュー予定の車両らしい。

実は鉄博の後の「おまけ」話があるのだけど、その話はまた後日に。

今年はボクの年@東武動物公園

110103

新年あけましておめでとうございます。
『鉄旅ペンギン』も本日よりブログ初め。
(Twitterでは大晦日も元日もつぶやいておりましたが・苦笑)

画像は卯年にちなんで?開設されていた東武Zoo「うさんぽ広場」にいた
ネザーランドドワーフ(ピーターラビットのモデルになった種類)のコノハ君。
ちい旅はここで、仔うさぎの「うさんぽ」を体験したんだけれど、彼女以上に
気まぐれな仔ウサギの暴走に引きずりまわされておりました(笑)
その後ジャンボウサギと記念撮影もしたのだけれど、横向かれたり顔を
お掃除したりとこちらも気まぐれで、ついにベストショットは撮れず。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »