フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

  • ブログ村参加中・ひと押ししていただけると嬉しいです♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
  • にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
  • にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

雨の日は…

雨の日は…

洗濯物を外干しできない→室内で干しても乾かない→
浴室で乾燥機能使って乾かす→浴室が暖かくなる→
洗濯物だけじゃもったいない…という訳で、1次(2次)
発酵に活用できるし~ということで、パンを焼くことが。

でもほんっとーに久しぶりで、おおざっぱな性格なので
出来はごらんの通り(^^;
いーんだ、どうせ自分しか食べないし。
(ちい旅はオレンジピール嫌い)

いい夫婦の日&いい夫妻の日@上野動物園

昨日は『いい夫婦の日』そして、今日はえのすい(新江ノ島水族館)の
ツイッターによると『いい夫妻の日』らしい。
動物・鳥界でいい夫婦ったら、やっぱりペンギンでしょ!
上野動物園にいるケープペンギンも、一度夫婦になったらずっとラブラブ♪
(たまに浮気するケースもあるらしいが)

2012112301

【タイトル】倦怠期
仲よく羽繕いするのはいいんですが…片方がどう見ても横着してる(苦笑)
足投げ出しちゃってるし、お尻も丸見えだし~。
体の大きさからして、ダンナの方かしら?

2012112302

【タイトル】亭主関白orかかあ天下
相方を枕にしてお休み中…。
このカップルは体の大きさが似たような感じで、どちらが雄か雌か
わからないけど、なんとなく後者かなと思ったり。

こんな夫婦もいますが、

1002155

微笑ましい夫婦の方が多いのよね。
(↑画像は2年前に撮影したもの)

リンク切れを消せない理由

このブログのリンク集の一番下。
先月あたりからアクセス禁止になってて、事実上のリンク切れ。
本来なら削除するところですが、それができないでいます。

そのブログを書いていた人は、もうこの世にいません。
昨日、彼のご両親からの喪中葉書が届きました。
4か月前に亡くなったという知らせとともに…。

彼とはとあるYHで知り合いました
同年代だったのとYHのイベントに一緒に参加したこともあって、
談話室で遅くまでいろいろ話し込んだのを思い出します。

実際会ったのはそれっきりでしたが、その後も旅先から
絵葉書が届けられたり。
多忙をぬって、各地を旅していた人でした。

昨年春、大震災で心身とも参っていた時期には
私が大好きだった阪急電車のイラストの箱に入ったお菓子を
送って励ましてくれたりもしました。

夏からブログとFacebookの更新が途絶えていて、
仕事が忙しくなったのか、それとも病気でもしてしまったのかと
心配していた矢先でした。

もっともっと旅がしたかったことでしょう。
いろんな体験や出会いをしたかったことでしょう。
亡くなった理由はわからないけれど、どんなに無念だったのでしょう。

旅とYHと鉄道と野球が大好きで、正義感の強い人でした。
そんな彼の生きた証を少しでも残しておきたいので、
ブログへのリンクは残しておくことにします。

幸桜さん@上野動物園

幸桜さん@上野動物園
本日、お一人様動物園決行。

かなり慌ただしかったけど…。

想い出の地へ(1)

2012110800

先週末、安曇野・白馬へ1泊2日の家族旅。
安曇野は約●●年前、私たち夫婦が出会った想い出の場所で
結婚前、後も何度も訪れている場所だけれど、今回は3年ぶりの再訪。
(画像は連続ドラマ『水色の時』道祖神)

2012111801

安曇野IC出口でも道祖神がお出迎え。

2012111802

本当なら夫婦で足を運んだあちらこちらに車を走らせたいところ、
まずはちい旅のご機嫌とり。
夏休み以後大好きな馬に乗っていなくて欲求不満気味だった娘のため、
ICを降りて最初に訪れたのはホースランド安曇野。

2012111803

馬に乗る…といっても、既に「ひきうまはいや!じぶんでのるの!」な
ちい旅(自力で歩かせるレベル)のため、事前にビジターレッスンを予約。
久しぶりの騎乗にやや緊張しつつも、速足まで教えてもらってご満悦。
本当は私も一緒にレッスンを受けるつもりでいたけれど、先月下旬に
ひいた風邪をこじらせた後で体力に自信がなく今回はパス。
その代り馬たちに餌をやったり、曳き馬体験はしましたが。
(本当は私も自力で歩かせるくらいはできるんだけど)

馬たちと気が済むまでふれあった後、隣接のスイス村で昼食をとろうと
考えていたのだけれど、ちい旅が食べたい物がないと不満顔。
そこで出発前食べログで見つけて、お茶の時間にいいな~とチェック
してあった『お茶元みはら胡蝶庵』へ。

2012111805

私たちが訪れた時、ちょうどお店がリニューアルオープンしたとかで、
店の前には花輪が飾られて、併設のカフェも大盛況。
ただ、リニューアルオープン期間のメニュー限定体制だったせいか、
それほど待たずに着席することに。
画像は私が注文した抹茶うどん。麺にお茶が練りこまれているようだけど、
お茶の味はそういえば少ししたような~という程度。
夫は抹茶そばがメインの御前を注文して食べていたけど、そばもそんな
感じだったと。

2012111806

セットメニューとしてついてきた、抹茶ソフト。
こちらはお茶の香りや味がしっかりあって美味しかった♪
口直しについてきた抹茶クッキーがなかなかおいしくて、
食後隣の売店で買っちゃった♪

2012111807

安曇野の道祖神めぐりをしたいところ、時間がないので、
彩色道祖神をひとつだけ訪れる。
ここはほぼ毎回来てるんだけど、その度に顔つきが変わってる…。
今回は割ときれいなお顔に描かれているけど、たまにホラー風味な
お顔なことも(汗

2012111808

安曇野らしい風景の所へも少しだけってことで、大王わさび農場を
少しだけ散策。
わさび田で何か作業してたけど、なんだったんだろうな?

2012111809

黒澤監督の映画『夢』に出てきた水車と川。
清流をボートで回るツアーが催行中。

この後冒頭の「水色の時道祖神」と「道の駅いけだ」に寄り道して、
今宵のお宿がある白馬へ。
想い出多い地だけにもう少し安曇野にいたかったけれど、ちい旅が
「はやくはくばいきたい」とうるさかったもので…。
その理由は次回に。

ウスカワさん晩ご飯中。

ウスカワさん晩ご飯中。

5月に我が家へやってきたウスカワマイマイ(通称デカちゃん)
同時期に拾った他のウスカワマイマイが産卵後★になってしまったのに、
この子は3度の産卵を経てもいまだ元気。
今日もズッキーニのヘタを元気にカジカジ。
さすがに動きが緩慢になってきたり、寝ている時に容器から落ちたりするしで、
この冬を越すのは難しいと思ってるけど、長生きしてほしいな。

本日の昼食

本日の昼食

『道の駅中条』のおぶっこ。

ご飯ちょーだい

ご飯ちょーだい
ホースランド安曇野で。

紅葉見物がてら、夫婦思い出の地をフラフラと…。

本日のおやつ

本日のおやつ
31アイスクリームの、オレンジマフィン&ピスタチオスクリーム(いずれも季節限定)
25%Offの携帯クーポンが先日送られてきたので…。

実は今日は誕生日だったり。
誕生日にしてはささやか過ぎるおやつだけど、お楽しみは週末に持ち越し。

晩秋の青空@東京競馬場



ちい旅にねだられて、ジョッキーベイビーズ(小学校1年生~
中学1年生の子どもによるポニー競馬)を見に、府中にある
東京競馬場へ。

乗馬コーナーでの引き馬体験の整理券配布待ち中に
見上げた空は青く、木々の紅葉もそろそろ始まっていて、
もう少ししれば紅葉を楽しみながら競馬観戦となるのだろうか。

…あー、飛行機雲が残ってますねえ。
天気下り坂だね。

工場見学@グリコピア・イースト

先月の話になるけれど、家族でオープンしたてのグリコピア・イーストへ。

sign01注意(検索でこのページにたどり着いた方へ)sign01
当方、ワイナリーや酒蔵含む工場見学の経験が何度かあるため、
今回の見学について辛口で書いております。
あくまでも一個人の感想として読んでください。

2012110101

先々月末、ちい旅の学校が半日で終わる日がある事を知り、
しかもその日は夫も午後から家にいるという日であったので、
ダメもとで予約サイトを開いてみたところ、奇跡的にその日の
午後の回に空きが!
既に年内はほぼ満員とも言われており、このチャンスを逃しては!
と家族全員分の予約を入れて、待つ事1か月弱。
当日は車でグリコピアへ。門を入ると案内係の女性が出てきて、
名前と人数のチェック。
一応最寄駅(JR高崎線北本駅)から路線バスはあるものの、
同じ回に見学する人達は団体さんも含めてみな車来場みたいだった。

工場見学@グリコピア・イースト

早めについてしまったので、ファクトリーの外から見えたおまけの
おもちゃコーナーでも見てようかと、中へ入ろうとしたところ、
「ご案内は開始10分前からなんです」と案内スタッフ。
同じ敷地内にグリコ製品やグッズを少々取り扱った売店(トイレ)は
あるものの、座るところもなく…。
この日は天気もよく、気温もそれほど低くなかったからよかったものの、
雨天や寒さ暑さの厳しい時期は待つのが大変じゃない?
私たちみたいに車で来た人は車内で待つこともできるけれども、
路線バスで来た人はどうしろっていうんだろう?
ちなみに↑の画像は、売店内トイレのサイン。
ここも、ファクトリー内のトイレも、すべてこのポーズ(笑)

工場見学@グリコピア・イースト

開始10分前になって、ようやく館内へ。
カメラは持っていったものの、入館後写真撮影はほぼNG。
通常のコースで唯一OKなのは1Fにある、↑のモニュメント前くらい。
さて、見学内容はというと…(以下ネタバレ注意)

★1Fシアター入室
創業者についての紹介映像視聴。
私は創業者の江崎さんについてほとんど知識がなかったので、なかなか
面白かった。
またここでは、見学終了後に行われるオリジナルポッキー作り体験の整理札が
配布される。
中学生以下20名限定なので、人数が多いと抽選になるとのこと。
この日は子どもの数が少なかったので、希望者全員できて札も余っていた。

★20名程度のグループ分け後、グループごとに3Fへ移動
案内係のスタッフに名前を呼ばれ、私たちは第一グループに。

★3Fポッキーの製造ラインを見学
2つのラインがあり、奥のラインは忘れたけれど、手前のラインは11月に
発売される新作ポッキーだった。

★6Fプリッツの製造ラインを見学。
この日はフジテレビの某番組のロケ班が撮影していた。
日替わりでいろんな味を制作しているとのことで、この日は定番のサラダ味。

★1Fへ戻り、昔のキャラメル販売機のレプリカでの実演見学、その後おまけ
おもちゃ見物と、モニュメント前での撮影タイム。

★1Fのシアターへ戻って、映像視聴。
チョコレートについてと、現在放映中らしい製品CMを何本か。
どうせなら、過去の製品やCM流した方が歴史もわかって楽しいだろうに。
そこは肖像権とか絡んで難しいんだろうか?

★3Fクイズコーナーへ。
二人一組でブースに座り(この日は空いていたせいか、空いているブース、
一人だけで座ってるブースもあり)、映像を見ながらクイズに答えていく。
事前にスタッフに「ボタンは1回だけ押してください」と注意があったのに、
連打している●●ガキがあちこちに。(親、止めなよ!)
あれ、絶対そのうち故障して使えないブースが出てくると思う。
ここまでの工程・映像内容をちゃんと覚えていれば楽に全問正解できるので、
あとはボタンをいかに早く押すか。これ大人が圧倒的に有利になっちゃうんじゃ?
終了後トップだった人には、賞品(この日はサラダプリッツのホームパック?)
が贈られる。

有料体験しない(抽選にもれた)人はここで終了。

☆オリジナルポッキー作り

2012110102

ジャンボポッキー2本に、あらかじめ選んでおいたトッピング3種類と
黒・白のチョコペンを使ってデコっていく。
…これやろうと思えば、自宅でもできそうな気もするけど、500円(費用)で
ジャンボポッキーとトッピング・チョコペンは準備できないしねえ。
最後に袋と箱に入れておしまい。
所要時間30分だけど、トッピングの時間は10分くらいしかなくて小さい子は
親の手伝いがないと時間内に作業終えるのは無理!
1Fに降りて、お土産(オリジナルパッケージのプリッツとポッキー型の
風船)もらって終了。

で、感想ですが…はっきり言って物足りなかった。
上手く書けないけど、製造ラインの見学に関しては、TV番組で放送されてる
工場見学のコーナーを見るのとあまり変わらない感じがしたんだよねえ。
プリッツを焼く香りや、ポッキーのコーティングのチョコレートなどの甘い香りが
伝わってこないからだろうか?
いや、離れた窓から見る分、TVより見づらいかも。
途中通った通路も、製造工程や過去に発売されたものを含む商品案内、原料に
ついてなどの展示をすれば楽しめるのに。
おまけのおもちゃを見る時間も足りなかったし。
あと、オリジナルポッキー作りも、抽選にもれちゃった場合は子どもがガッカリ
だろうし、対象外の大人だってやってみたい人いるだろうに。
売店にしても、道頓堀のぐりこやを知っている身としてはあまりにも品揃えが少ない。
まあ、まだオープンしたばかりでもあるし、これから改善される点もあるだろうけど、
このままじゃ大変な思いして予約取って、遠路はるばる埼玉までやってきたのに
「つまらなかった」と言う人が出てきそうな気がする。
無料で行う以上いろいろ大変だと思うけど、これからの改善に期待。

最後にもうひとつ。
グリコ・イーストピアのサイトに「敷地内に飲食する場所はありません」とあるけど、
敷地外にも飲食できるお店ないです。 (家と畑だけ)
JRで来られる方、最寄駅のバス停周辺に食事処がほとんどなく、特に子連れで
入りやすいお店は皆無(ファミレス系の店は5分ほど歩けばあるけど)、子連れの
方は昼食時間を含む行動計画をしっかり立てて現地入りすることをお勧めします。
車で大宮方面から来る場合、桶川市以北の国道17号の下り線沿いは食事処が
極端に少ないので(なぜか上り方面の方が多い)、上尾市を出るまでに食事を
済ませる事をお勧めします。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »