フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

  • ブログ村参加中・ひと押ししていただけると嬉しいです♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
  • にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
  • にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

ブログパーツ

無料ブログはココログ

日々の暮らし

今週の0655たなくじ

今週の0655たなくじ

懸賞でも当たらないかしらね~。

スマフォ?orタブレット?その後

スマフォ買うか、タブレット買うか、それともipod touch買うか…と
ずーっと悩み続けていた今日この頃。
タブレットは画面大きくて見やすいけど、7インチでも外出用バッグの
中では場所取りそうだし。
さらにルーター持ち歩きとなると、お金もかかるし荷物も増える。
今の携帯にipod touchを買い足すのも、2台持ちはなんだかんだで
面倒にも思えてきた。

で、現在「新しいスマフォを買う」方向で考え中。
ただし、最新機種(LTE)は諦めて、3G・wimaxタイプで。
今購入を考えている機種は、最初候補にしていた最新機種の
半額くらいで購入できるみたいだし。
月々の料金も今より1000円UPくらいで済みそうだし。
7インチタブレットや、最新機種の5インチと比べると画面小さいけれど、
電話として使う事を考えたら、大きいのも考え物かなと。

購入すれば初スマフォとなるので、なるべく早く機種変更手続きして、
使い方を勉強しなきゃなーと。
まだ日程は決めてないけれど、春休みは帰省する予定にしているので、
それまでにはある程度使えるようになるのが目標。
でも、いじり過ぎにも気を付けないと…。ただでさえ、今の携帯でも
結構いじくってる時間長めだし(汗)
首や肩痛めるほど熱中しないようにしないと。



ロウバイ

130128

起きたら、うっすら雪が積もっててビックリ。

この先また何度かまとまった積雪あるのかなあ…?

新しい相棒

新しい相棒

3代目デジカメ、ソニーのサイバーショット・HX30。
初代もサイバーショットだったんだけれど、二代目は
浮気(?)してパナソニックのルミックスに。
いろいろ入りの機能もさることながら、色に惚れて
またサイバーショットになっちゃった。

ちなみに我が家のデスクトップパソコンは3代続けて
ソニーのVAIO。
いろいろ言われてるみたいだけれど、自分の求める
デザインや機能が一番しっくり来るのはやっぱり
SONYなんだよねえ。

現在予備のバッテリーを注文中。
本当はバッテリーチャージャーとのセットを注文予定が、
亡き父がちい旅に以前譲ったサイバーショットの電池の
型が同じ事がわかり、一緒にもらっていたチャージャーが
使えることとなりありがたや~。

約5年、ありがとう

ありがとう

購入当時、まだオムツ様だったちい旅の成長を見守り、
北は北海道、南は長崎まであちこち旅のお供をして、
小さなカタツムリから、大きな飛行機まで撮影してきた、
2代目デジカメ。

最近不具合も生じるようになり、2本あるバッテリーも
消耗が激しくなってきた。
そして何よりその大きさゆえに、バッグの中で場所を
取るのが煩わしくなってしまったのでサヨナラすることに。

3代目は明日お披露目予定。

スマフォ?orタブレット?

好みの色の携帯がやっと発売された!と私にとっては4代目の携帯電話
(urbano mond)に機種変更してから早2年…。
世間がすっかりスマートフォン主流となりつつあるうえ、実家へ帰省した時や
普段外に出かけた時など、携帯電話の小さな画面と限られた閲覧サイトでは
お店探しや旅先の情報が急に入用になった時など、不便に思うようになってきた。

でも、現在使っているデジカメがそろそろ丸5年で、時々不具合がみられるうえに、
バッテリーの持ちがとんでもなく悪化しているし。
また実家は父が亡くなったあと、インターネットを一切する気のない母親によって
ネット環境が完全に撤去されてしまったため、旅行中も含めて情報収集に
使えそうで持ち歩きも楽そうな7インチタブレットも欲しいし。

で、今日auのショップに出向いて、今発売されている中で選ぶならこれかな?という
スマフォを購入する時と、月々の使用料を見積もってもらうことにした。
ただし、テレビでやたらお得と言われいる某プランは、夫がスマフォに変える気も
電話番号変更を強いられる光回線変更もする気がないので、それを除外して
計算してもらったら…。

「スマフォの購入代金[一括)だけで、新しいデジカメとタブレット買って、たっぷり
お釣りくるじゃないの…」
しかも月々の利用料金も最低1000円近くUPしちゃうんですからねえ。
一生懸命計算して説明してくれた、ショップのおねーさんには悪いんですが、
店を後にする頃には、スマフォに機種変プランは頭からほとんど消え去った(苦笑)

というわけで、「nexus7とsonyのサイバーショット」プランで購入計画を進めることに。
タブレットはアウトカメラ付きのipad miniも一応候補なんだけれど、同じ容量でも
nexus7の方がカメラがない分安いし、画像撮影は欲しい機能が搭載されている
候補のデジカメで撮影→wifi機能かカードリーダー繋げて転送すればいいし。
あと皆が皆ipadだiphoneだと言ってると、違うのを持ちたくなるというヒネクレ者なので(^^;

あと、外出時のwifi回線確保はどうしようかなと。
普段は自宅のデスクトップでのネットが主となるので、月額料金はらってまで
wifiモバイルルーター持つこともないのかなあと。
調べてみたら、モバイルルーターのレンタルをやっている業者がいくつかあったので、
それと、街中の無料スポットなどを併用して様子をみようかと考え中。

雪やこんこん

13011401

と、のん気に歌ってる場合じゃないほどだった
彩の国この冬初めての雪。
最寄路線も長時間運転見合わせで大変だったようで。
幸い夫は本日お休みだったけど、これが出勤日だったら
仕事行けないor帰宅できないor帰宅遅くなるとかに
なっていたかも。

13011402

雪の中餌探し?のスズメさんたち。

13011403

足埋もれてますよ~な、ドバトさん。
写真うまく取れなかったけどキジバトさんも雪中散歩してた。

13011404

雪の上に残ってた足跡。たぶんハトさんのでしょう。

雪

【おまけ】

我が家のカタツムリたちも雪初体験。
顔を出す→首を伸ばして触ってみる→冷たかったのか
顔引っ込める→Uターンして雪から離れるといった感じ。

クリスマスイブだけど…



もともとクリスマスは最低限のことしかしていない我が家。
今回は喪中ということもあり、例年以上にする気も起きないけれど、
ちい旅にプレゼントとケーキだけは用意して。

画像は高松空港に飾られていたクリスマスツリー。

森のクリスマス

昨日、『森のクリスマス』というイベントに遊びに行ってきた。
以前何度か買いに行ったパン屋さんとの再会があったり、
時々買いに行くクッキーのお店で、限定品を見つけたり。
12月にしては風もなく穏やかな日だったので、雑木林の中の
お店をあれこれ眺めつつお散歩するのは、ちょうどいい
気晴らしになった。



ちい旅に買ったホットミルクチョコレート。
おしゃれな花のラテならぬチョコアートに
ちい旅ご満悦。



私たちは参加しなかったけれど、林の中でたき火用の
小枝を拾って受付に持っていくと、あちこちにつるした
クッキーをもらえるというお楽しみも。

悲しい出来事のあった1週間。
まだまだ気持ちの浮き沈みがあるけれども、
少し心やすらいだひと時だった。

 

師走の旅立ち

先日、父が天国に旅立っていった。
その知らせを受けた時、私とちい旅は馬関係のイベントに参加するため
馬事公苑にいたのだけれど、急きょ帰宅して慌ただしく荷造りに追われ…。
翌日帰省して通夜、昨日葬儀を終えて、今日の夕方戻ってきたところ。
正直まだ現実を実感できないでいる。

一昨年夏に病が発覚して、半年~一年という余命宣告を受けていた。
せめてちい旅が七五三を迎えるまでは…と願ったのが天に届いたのか、
幸いその後体調が回復して、国内外に旅ができるほどに。
だけど、発病後丸二年を過ぎた頃から再び体調は悪化し始めて、
先月に入ってからは「いつでも帰宅できるように」…と言われており。

父の生前の希望で、通夜も葬儀もごく限られた身内で簡素に行われて、
ほとんど面識のない親類や知人の存在に戸惑い、気を遣うという事が
なかっただけいくらか楽だったのだけれど。(祖母の時がそうだたt)
遠方から駆けつけて、身内を見送るというのは自分が考えている以上に
心身ともに負担が大きいものだなと。

一番気がかりだったのは、父の病を最後まで隠し通していたちい旅の事。
父にとっては初孫、またちい旅にとっては唯一の祖父だった父。
帰省するたび、遊び相手をしたり写真や動画を撮影していた父に、ちい旅も
会うのを楽しみにしていた。
最後に会った二か月前も、また次に会える事を疑いもしなかったと思う。

イベント参加直前で馬事公苑から帰る事になった時も、帰宅後祖父の事を
告げ、その後慌ただしく支度に追われてもわがままひとつ言わなかったちい旅。
物心ついてから初めての一連の儀式にも、ほとんど黙って耐えていた。
さすがに最後の別れの際は、黙ってぽろぽろと涙をこぼして泣いていて、
その姿を見ると、病を隠していた事が後ろめたく胸の痛む思いだった。

一人(正確には+一匹)となった母の今後を案じて始めてはいるけれども、
とりあえずは、ここ最近いつ呼び出しの電話やメールがくるかと一か月以上も
ビクビクしながら暮らしていた日々が終わったことにほっともしている。
これから徐々に、父がいなくなった実感に寂しさを募らせるかもしれないけど、
当分は喪中の知らせを送る等でそれどころではないかもしれない。